立ったままでいると床で頭をぶつけてしまうので危ない。。。。それは理解できた。だから、床に膝と手を着いた。

ダメだ、この体勢でもいられない。。。意識がどんどん薄れていく。

ああ、もうダメだ。床にゴロンと寝転んだのは覚えている。その後、しばらくの記憶がない。

救急車のサイレン。
私を迎えにきたのかな?!

救急車で緊急指定の病院へ運んでもらった。

12月30日
某地某所にて仕事中に起きた出来事だ。
病院に到着して体温測定。39.9度。何の自慢にもならないけど私の新記録だ。

病院で自分が探偵であること、今日は朝から少しだけ体調が悪かったけど外でずっと立っていた事などを先生に話した。

そして、この程度のハードワークは日常茶飯事で何年も前から続けていることも。。。ここ数日間の私の生活を話した時、先生が「無理のしすぎですね。」

「私、体力は自信あるんですよ」と言った時、ベテラン風な看護婦さんが「あなた非常識!そんなに無理したら倒れたって当たり前ですよ。」

何故かその時イラっときた!「自分の尺度で人を非常識なんて言うな!あなたの常識が他人の非常識かもしれないでしょ!」と喉元まで出かかったが、やめた。体もしんどいし、心配して言ってくれてるのだから。

今考えればそんなこと言ってたら最低だと思う。体調の悪さと担当していた調査が心配で気が動転していたのだろう。

これが私の年末の出来事だ。少しは体調がよくなったものの、当然まだ外で何時間も立ち続ける調査なんて出来ない。私の変わりに別の探偵が今日も明日もこの調査に入ることになった。声が完全に変わってしまった。

調査は任せて私はしっかりと睡眠を取った。だけど。。だけど。。起きたと同時に泣けた。。。
本来なら今は調査中。
これが私の年末なの?年末なんて誰だって忙しい。それは私も毎年同じ。この程度のスケジュール毎年こなしてきた。外で立ちながら、車の中で張り込み中、除夜の鐘を聞いた。
「大変だね」って友人に言われるが、好きで仕事してるのだからまったく苦にならない。むしろ仕事できることに感謝していた・・・・毎年・・・・・。

だから泣ける。。。どうしても涙が止まらない。。。。体調が悪いからブルーになっているだけなのかも知れないけど。ブログに書いたって体調が良くなるわけではないし、明日仕事に行けない。

だけど、どうしても書きたかった。

私、何か間違ってるの?
『因果応報。。。自分のした事は必ず自分に帰ってくる。良いことも悪いことも』という考えを深く信じている私。
事実、がんばって絶対成功してやる!って意思で仕事してると良い映像が撮れたり、見失った対象者を偶然別の場所で発見出来たり。こんな私の出来事に多くの知り合いは「運が強い人だね」なんて言われるけど、これも『因果応報』だと私は思う。

だから大切な調査中、倒れて意識を失い仕事を中断しなければいけないなんて本当に悪いのは『体調』だけ?!どうしても納得がいかない。。。。。。

あと約2時間で今年が終わる。来年に引きずらずきれいに忘れたい。
来年は良い年になりますように。年が明ける前には泣き止みますね。。。。


一緒に調査中だったご迷惑をおかけしてしまった探偵さん、本当にすみませんでした。
そしてお世話になった皆様。ありがとうございました!来年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト



2009.12.31 / Top↑