「炎天下の中3時間も立ちっぱなしで、ハードな張り込みでした。」

探偵仲間ではよく聞く苦労話です。
私も愚痴ったりしますよ。

さて、今日は
新人探偵君が熱射病になって、やむを得ず、当日はリタイア。

熱射病になっても続けろ
・・・・とは言いません。

私も過去に現場で意識を失い、救急車で運ばれた事があります。

同業だからこそ、苦労はよく分かる。

でもね。。。。
失敗を自分の体調や現場状況のせいにしちゃいけないんですよ。

厳しい言い方だけど、頑張ってるからこそ納得出来ないかも知れないけど、
『結果がすべて』なんです。

調査員の事情はご依頼主様には関係ないんです。

もし、調査員が体調が悪いのを我慢して、頑張り続け、
血を吐いたら。。。。

私、すごいなって思いますよ。その気力には頭が下がります。

でもね。。。。悲しいかな結果がすべての業界。

ご依頼主様に手渡すものは、

『ハッキリときれいに撮れた映像』や『分かりやすく詳しく書かれた報告書』であって、

『あなたが吐いた血』ではないんです。

だから、いつも私は
「自分の事情はご依頼主様には関係ない」と
言うんです。。。。

探偵に限ったことではないと思う。

お金をいただく=プロ

甘いプロの世界なんて存在しないと思うよ。

ごめんね。。。。言いたいこと言って。。。
お大事にしてね。早くよくなって、また一緒に頑張ろうね。




  
   絵文字名を入力してくださいブログランキングに参加しています。皆様お力添えありがとうございます。クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。


スポンサーサイト



2011.08.19 / Top↑