昨日の続きです。

ベストポジションに調査車両を停めたら、
もう絶対によそ見してはダメ。

あとは集中力です。

部屋から出てくる時なんて、わずか1秒でも目を離したら、
すぐに後姿になっちゃう。

前から顔を判別出来るように撮らなきゃ、探偵にはなれないです。

絶対に見落としちゃいけない時は必ずビデオを2台使います。

車内に三脚を立てて、1台は撮りっぱなしに、
もう1台のビデオをスタンバイ状態で構えて待つ。

今のビデオは性能が良く、顔探知システムも付いてますが、
私は距離を合わせてマニュアルで撮ってます。

オートフォーカスで撮影すると、
手前にある物にピントが合ってしまうんですね。

撮りたい対象物の手前に何もない広い野原のような場所で撮る時は
オートフォーカスで十分です。

その辺はケースバイケースで。

またね。






  
   絵文字名を入力してくださいブログランキングに参加しています。皆様お力添えありがとうございます。クリックしていただきますと点数が入ります。ご協力お願いします。


スポンサーサイト



2011.12.19 / Top↑